特集展示「墨堤のさくらと江戸・明治」

  • 開催日:2017年03月18日~2017年05月28日
  • カテゴリ:

隅田川の大堤は江戸時代初期には作られていたことがわかります。本格的な植桜は、享保2年(1717)に八代将軍吉宗の命による、木母寺から隅田村の境までの植桜であるといわれています。墨堤の桜は江戸時代に名所としてすでに著名で、明治以降に引き継がれました。
本展示では、隅田川の桜の浮世絵を中心に、絵図や写真資料を交え、墨堤の桜の江戸時代、明治時代の様子を紹介します。

イベント情報詳細

開催日2017年03月18日~2017年05月28日
場所すみだ郷土文化資料館
都道府県東京都
時間開始:午前9時
終了:午後5時(入館は午後4時30分まで)
備考:[休館日]月曜日(祝日の場合は翌日)、第4火曜日
料金[入館料]個人100円、団体(20人以上)は80円、中学生以下と身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
入場区分一般
主催すみだ郷土文化資料館
連絡先 URL: http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/siryou/kyoudobunka/info/29sakura.html
E-mail: sumida-htm@city.sumida.lg.jp
TEL: 03-5619-7034