タグ「サンシャインシティ」が付けられているもの

EXO TERRA 東京レプタイルズワールド2015冬

  • 開催日:2015年12月05日~2015年12月06日
  • カテゴリ:

ヘビやトカゲ、カメなどの爬虫類や、カエルなど両生類、フクロウなど猛禽類やインコやオウムなど鳥たち、フクロモモンガやフェレット、ハリネズミなど様々な小動物たちが集う展示・即売イベントが開催されます。

会場内では全国から集まった有名ショップが展示、販売しており、お気に入りの動物を実際に見て購入することができます。爬虫類をはじめて飼われる方もご安 心ください。会場では初心者向けの飼い方相談会を実施するほか、飼育している動物の無料病気相談コーナーもあります。また、サンシャイン水族館では 11/20~「へんないきもの展2 ~さらなる衝撃と脱力~」が開催されますが、昨春に大人気だった「へんないきもの展」に登場したカエルアンコウの仲間 がトウレプ会場内に特別展示されます。その他「EXO TERRAエキゾチックペットフォトコンテスト」と題して、お気に入りのペット写真を競うコンテストも開催されます。

ステージイベントでは、ムツゴロウさんのトークショーが両日開催されるほか、サンシャイン水族館のアシカお兄さん島森翔大郎さんのアシカのトレーニング談 議(12/5)、爬虫類飼育に詳しい富田京一さんと冨水明さんの「昔はボクらも初心者だった」(12/5)、二木勝さんの「MAD☆DOGの爬虫類を 100倍楽しむ方法!」(12/6)、TVでおなじみ 田向健一先生の爬虫類の手術にまつわるトークショー(12/6)、誰でも参加できるトウレプジャン ケン大会(12/6)などが開催されます。

小さなお子さまから爬虫類愛好家の方までどなたでも楽しめるイベントに是非お越しください。

Twinkle Aurora Tree

  • 開催日:2015年11月12日~2015年12月25日
  • カテゴリ:

今回のツリーは、リニューアルする「コニカミノルタプラネタリウム"満天"」とコラボレーション。

空間を最大限利用した高さ16mの壮大なオブジェで、オブジェ中央部分にはオーガンジーで表現したフリル状の柔らかなオーロラをイメージしたツリーが位置 し、点灯するイルミネーションによって柔らかなオーロラの形状が浮かび上がります。さらに上部に散りばめられた星も点灯し、ロマンティックかつ華やかなツ リーとなっております。

また、コニカミノルタプラネタリウム"満天"の、南極をテーマにしたヒーリングプラネタリウム作品のために作られたオリジナル楽曲に連動して光が変化した り、ツリー前のペンギン達と触れ合うとオーロラの色が変化し光り輝く仕掛けなどもあり、フォトスポットとしてもお楽しみいただけます。

鉱物・化石・隕石・宝石・天然石アクセサリーの大展示即売会

  • 開催日:2015年12月04日~2015年12月07日
  • カテゴリ:

今年の特別展は今大人気の鉱石「~フローライト~蛍石の魅力」」です。
世界トップレベルのフローライト(蛍石)結晶の最高品50点あまりを展示いたします。
展示の目玉は、日本初公開となるヨーロッパで有名なフランス人鉱物コレクターの、今は手に入らないフランスの鉱山から産出したクラシカルコレクション25点です。
日本人がまだ見たことのない美しいファインミネラルの魅力を披露します。
恒例のイベント「水晶ジオードクラッキング」、豪華景品があたる「大福引大会」、今年は新たに化石の講座「発掘はたのしい」など、楽しい企画がもりだくさん。
どうぞご家族で~地球の芸術たち。 見て、触って、学んで、買って。~
ぜひご来場ください。

【特別展】へんないきもの展2~さらなる衝撃と脱力~

  • 開催日:2015年11月20日~2016年01月31日
  • カテゴリ:

昨年春の特別展で大好評だった早川いくを氏とのコラボレーション企画の第2弾!
早川氏の独特な語り口による解説で、まるで一冊の本を読んでいるかのように生き物たちをご紹介いたします!
今回は早川氏の『完全オリジナルの解説』を皆様にお届けいたします!!

この冬は、グレードアップした"へんな"生き物が集まるサンシャイン水族館の特別展に是非お越しください!

詳細は順次、こちらの特設サイトにアップいたします!


※生物の状況により、展示内容が変更になる場合がございます。
※著書の生物を、すべて展示しているわけではございません。

全国公募 第37回東京書作展

  • 開催日:2015年11月25日~2015年11月29日
  • カテゴリ:

主催 東京新聞、後援が文化庁・東京都の全国公募の書道展です。
流派・会派に関係なく広く一般から作品を募集し、一般の部作品は「漢字」「仮名」「現代漢字かなまじり文」「少字数」の4部門があります。
「公正な審査」を掲げ、公開にて行う審査が特色です。特に第4次の最終審査では観客の見守る中審査員の討論により内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞、上位の賞を決定します。
審査員、審査会員、依嘱、一般の部大賞から入選まで前期・後期合わせて約1,200点を展示します。