タグ「芸術」が付けられているもの

パロディ、二重の声――日本の一九七〇年代前後左右

  • 開催日:2017年02月18日~2017年04月16日
  • カテゴリ:

日本の戦後文化史において、1970年代は前衛の後退とサブカルチャーの開花期として語られます。反抗と闘争に彩られた 60年代から、軽やかな知略に富んだ70 年代へ。この時代の様相を最も端的に象徴する語が「パロディ」です。

本展は、モダンとポストモダンの時代の隙間に開花したこのパロディという技術もしくは形式を、あらためて検討します。パロディとはいかなる技術であるのか。風刺や模倣とは何が同じで、何が異なるのか。どのような場面で、どのようにして使用されてきた技術なのか。歴史を辿ればギリシャ語にまで由来を遡れるパロディを、広く抽象的に眺めるのではなく、あえて一時代に焦点を絞ることで、生々しく具体的な表現と社会の交錯をあぶりだします。

会期中には南伸坊、夏目房之介、会田誠ら豪華な顔ぶれによるトークイベントも開催。詳細は東京ステーションギャラリーHPをご確認ください。

初期作品から最新作「わが永遠の魂」まで一挙大公開。幻想的なインスタレーションも登場し、草間芸術の全貌を伝える国内最大級の個展となる。

世界を舞台に活躍する前衛芸術家・草間彌生の展覧会が新国立美術館で開催されます。
昨年文化勲章を受章し、『タイム』誌の世界で最も影響力がある100人にも選出された偉大なアーティストの集大成となる本展。国内最大級の規模で行われ、新作の大型絵画シリーズ「わが永遠の魂」から厳選された約130点が日本初公開されます。

さらに初期から現在までの作品も展示し、おなじみの水玉柄かぼちゃはもちろん鏡を使ったインスタレーションも登場!
唯一無二の"草間ワールド"を堪能できる、またとない機会です。

中津川浩章展 愛は森に隠れている

  • 開催日:2016年12月19日~2016年12月28日
  • カテゴリ:

中津川浩章は1990年代初頭から、人間にとっての「記憶・痕跡・欠損」をテーマに、ブルーバイオレットの線描を主体としたドローイング・ペインティング作品を制作、国内外で、個展やグループ展を多数開催しています。
 その絵画表現を貫く特徴として、身体性の強さが上げられます。言語化、情報化されたものに対して身体が抵抗する感覚を解き放ち、物そのもととしての絵具やカンバスと触覚的に関わり、描くことの直接性と、視覚による知的な制御との緊張関係を失わないからこそ、彼が画面に放つ「線」の運動が、予断をゆるさぬ生命力を保ち続けるのです。
 今回の作品は、作者が日常眼にする森がテーマとなり、ひとつの風景の大画面をベースに、その部分や印象を拡げ、展開したシリーズによって構成されます。
 木々の織りなす無限の変化を孕んだ不思議な空間は、まさに宇宙そのものの顕現であり、どこを取り出しても完璧な世界。そこには自然の自由な生命力があふれ、人がこの世界に生きるために必要な何かが示唆されている。中津川はそう語ります。「空気のような日常の風景に人は支えられ、生かされていること、そしてどこにでもある当たり前の風景の裡にある『記憶と痛み』の感覚を描くことを通じて探るものです。」

桜田洋子展

  • 開催日:2016年12月22日~2016年12月28日
  • カテゴリ:

村人たちの四季
どこの国の人々なのか?
いつの時代の人々なのか?
きっと皆さんの心の中に この国は
この村人たちは
皆さんと長い時間を共に
生きているはずだと思います。
思い出して村人たちに
声をかけてみてください。
彼らの世界を訪ねてみてください。
あなたを 家族を 友を 隣人を
愛する犬 猫 野の動物
鳥 木 花々を見つけてください。
春は"森の休日"
夏は"花火""海辺"
秋は"黄色の季節"
冬は"雪の結婚式" 油絵です。

帝劇ビル50周年記念パネル展

  • 開催日:2016年09月13日~2016年11月23日
  • カテゴリ:

竣工50周年を迎えた帝劇ビルの歴史を振り返る
皇居に臨む都心の一等地にあり、帝国劇場や出光美術館を擁する帝劇ビル。その竣工50周年を記念したパネル展が開催される。帝国劇場のオープニング作品として、世界で初めて上演された「風と共に去りぬ」や、「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」初演時の舞台写真をはじめ、出光美術館からは入館者数歴代ベスト5の展覧会ポスター(複写)など、貴重なパネルで帝劇ビルの歴史を振り返る。また会場モニターでは、開館当時のニュース映像や帝国劇場のバックステージ案内など見ごたえのある映像が視聴できる。